VWフォルクスワーゲンが電気自動車を多数発表!投入連投


フォルクスワーゲンが電動車両を続々投入することが発表された。
日産リーフにとって、宿敵となるライバルになるが、市場が活気づくのは非常にうれしいところ

sp_130911iaa2013_vw_06

ここにきて、欧州勢の自動車メーカーが日本に企画をとられまいと、電気自動車を続々と
市場投入してきている。
デトロイトモーターショーにて
フォルクスワーゲンのe-up! が2万6900ユーロ(約355万円)
アウディに関してはA3 eトロンは、50kmのEV走行が可能なPHEV としてリリースされる。

eゴルフも、e-up!となじ、パワートレインなどをもちいて最高出力60kW、最大トルク210Nmを生むモーターを車両前部に搭載しており、最高時速は130kmとなる。
VWは、ここにきて 高級車、商用車と大衆車など全部のブランドで低燃費または電気自動車などをとりそろえてきた。
2018年に世界ナンバーワンを目指すとの事だが、今回はその一歩になろうとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る