日産が道の駅にリーフと電源変換器をセットで提供!非常電力の拠点に、


日産が道の駅にリーフと電源変換器をセットで提供!非常電力の拠点に。
yh20130905Nissan_LEAF_350px

私達の避難所としても活躍する可能性のある道の駅に日産自動車は2013年9月に
47都道府県の道の駅に対して、電気自動車「リーフ」1台と、リーフの内蔵バッテリー(蓄電池)を家庭用電源
として利用できる「LEAF to Home」1基を組み合わせて無償提供するとしました。

今までディーラーで使われた販売点の試乗車として使われていた車両を用いるとのことです。

日産のリーフは走行用に容量24kWhのリチウムイオン蓄電池を内蔵している。満充電なら一般家庭が必要とする電力を、約2日間にわたって供給できる量だ。LEAF to Homeをリーフに接続すると、この蓄電池を家庭用電源として利用できるようになる。リーフが移動型大容量蓄電池に早変わりする形

万が一の災害でもリーフが非常用電源として作動するので、
電気が停電しても大丈夫という寸法。

なかなか、アピールに苦心しているが、今後がみのがせない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る