24kwリーフと30kwリーフ どちらを選ぶべきか


最初に悩むのが 24kwリーフと30kwリーフ どちらを選ぶべきかということになるが、
価格差がかなり大きく、30kwのリーフXは400万円の車となっておりおいそれと買えない

試乗車が 30kwで 画面表示も 180km走れるよとでていれば、当然30KWのほうを欲しくなるが
値段が 24KW と 30KW では 40万円も差が開いている

 

2015年11月10日発表の 新型は今までの24KW旧型との違い

 

新しく装備されたもの

エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
LDW(車線逸脱警報)

この2つを全車標準装備としている。

ナビの変更

・充電スポットの表示機能を走行中でも20km移動する毎に自動で情報を更新するように新しく改良を受けた

 

ボディーカラーの追加

 

ボディカラーに、オレンジ&黒、青&黒の2トーンカラー

を追加した

30KW版を選ぶべきか?

 

 

当然お金があるなら 30KWリーフなのだが 2016年4月現在、実はプリウスのPHVが脅威にもなっている

リーフと同じ価格で、8KWのバッテリーを積み込み 60KM走行可能 かつ 急速充電にも対応した

相手はガソリンエンジンも備えているトヨタプリウスなので、もともと戦う相手が違うが

ユーザー層をみると、同じ価格かつ、エコを目的としているだけで、ライバルになってる。

 

また、ここにきて テスラモデル3が 2016年4月に発表され、度肝をぬかされた。

3万5千 USドル つまり380万円ぐらいで リーフの倍の距離を走るという車だ

受注は 1日で 10万台を超え、リーフが 5年間頑張ってきた販売台数を一瞬で抜き去った

選択肢が増えたことに、ユーザーは喜ぶべきだが、リーフの転換点ともいえる状態で
次にユーザーはリーフを選ぶかどうかは 2017年末に登場する 時期リーフにかかっている

今後の動きが注目される

 

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る