NCS 三菱の料金が発表 日産は定額制だがはたして三菱は


三菱自動車の電動車両サポートのプランが発表になった

日産のZESPプランと何が違うのかみていきたいとおもう。
logo-democha

この画像をみるかぎり

月額 500円 または 1500円をはらい、さらに利用時従量課金制となっている。
月500円の場合は 12円/分 となっており 30分 急速充電器を使えば1回360円

月額 1500円の場合は 8円/分 30分 240円となる

image1 (7)

 

日産に比べて高いか安いか?

日産は ZESP スタンダードプランで月額 3000円となるが、利用は無料になる、

この対象がi-MiEVとアウトランダー、及び電トラとなるが、
アウトランダーなら月500円のプランで十分ではないだろうか。
逆にi-MiEVは、ちょっと可愛そうなぐらい高いプランではないのか。
リーフと同じように3000円で使い放題にしてあげてもいいのではないかとおもいます。

http://www.ev-life.com/charging/support.html
現時点で、三菱は自社販売店であっても150円/30分徴収しているので、なかなか
実現は厳しそうなものですね。

逆に日産にもZESPLite 1500円にプラス500円するだけで、このようなお得な従量課金制を
のぞみたいですね。
というのも、リーフにのっている人は、NCSの充電器を毎日使うわけではないでしょう
となれば、月額の出費も抑えたいはず。

NCSにイオンは入らないの?

イオンも現在は無料で、店舗設置を拡大しているが、いずれ有料になる予定とのこと
https://www.aeon.info/environment/environment/ev_station.html

しかし、残念なことにNCSに加盟していないので、独自展開となる
WAONでの認証になると告知がされている。

NCSに東京電力が参入 その意図は

日経の記事には、東京電力がNCSに出資しているとのニュースがながれた
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ18HRF_Y5A210C1TJ1000/

これについては、伸びるサービスと見越しての出資とおもわれるが
発言力がましてくれば、NCSのチャージなどでガソリン税に相当する税金がかけられるのも
そう遠い未来ではないような気がする。

東京電力が出資は国が絡むことが多いので、そう勘ぐってしまう。
今後の動きに注目したい

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る