自動車「燃費課税」 燃費で自動車税を決めるか。弱者イジメと多重課税に怒り


自動車「燃費課税」 燃費で自動車税を決めるか。弱者イジメと多重課税に怒り
imagSASAes (4)
また、取りやすいところから取るようだ。
なんと、自動車税を燃費によって課税金額を変えるというのだ。
今までは 排気量毎にきまっていた課税で、燃費の悪い小排気量ターボと大排気量NAで不公平があった。

確かに不公平だろうが、カタログ値の燃費によって課税をするなど、愚の骨頂ではないだろうか。
自動車税の変更案 「燃費課税」を検討を進める総務省は、2015年10月に消費税が10%へ上がるタイミングで
自動車への多重課税をさらに進めようとしている。

総務省が発表した資料によれば、地方税で収める自動車税はクルマごとの燃費性能に応じた課税にする、
また、既存の車については検討中のようだが、2015年10月に予定している10%への消費増税時に新車の登録から
適応していく方針とのこと。

EV電気自動車は何を持って燃費にしてくるかが、焦点になりそうだが、EVを持たぬ大企業トヨタと政界の癒着は
ご存知の通りなので、EV不利になるような燃費基準をもってきそうな気もする。

今のところ1000cc以下の税金で収めているEVだが、どのような税制になるか目が離せない。

大方のよそうは、排気量ベースの毎年の自動車税には“見なし排気量”が導入されてエコカーからもがっつり取るってオチが
まっていそうな予感だ。

逆に「クルマごとの燃費性能」とかじゃなくて「燃料」そのものに課税してあれば済む話ではなかろうか。
ガソリンに課税して自動車税は0にしてはどうなのか。

ちなみに車にかかる税金一覧

取得税
重量税
自動車税
ガソリン税+(消費税)
リサイクル税
車検
環境税
燃費税←今回

取り過ぎではないか?

以下ソース
http://www.zaikei.co.jp/article/20140904/212380.html


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る