リーフ グレードXとグレードSの比較 グレードの違い お得なのはどちら?


リーフのグレードには GとXとSの3つがあります。
このページをご覧になっている方は、グレードの違いを気にしてる方が多いかと思います。
010_o

そこで、リーフグレードS  vs   X(G) を作成してみました。
よろしければ、比較を御覧ください。

2014年8月現在リーフには3つのグレードが存在します。

S ベーシックなグレード 必要最低限は全て揃っています
X 標準的なグレード(別車種からみたら豪華装備です)
G リーフの最上位グレード 豪華装備満載です。

車両価格にも、大きな違いがあり、SとXでは 42万円もの差があります。
SとGでは80万円の差があります。これは安い軽自動車1台買えるぐらいの差です。

グレードSにすべきか、それともグレードXにすべきか。
以下の比較で大きな差とみるのか、踏ん張って上位の42万円多く払う価値があるのか、比較で見極めてください。
2014年8月現在 以下の参考価格を元にしています。
車両本体価格
G 3,603,960円
X 3,217,320円
S 2,797,200円
———————————————————————————-

<グレードSとグレードXの比較>

◎ 電池容量 (SとXは同じ)
◎ モーター出力 (SとXは同じ)
◎ 最終減速比 (SとXは同じ)
◎ 最高速度 (SとXは同じ)
◎ ボディカラー (SとXは選択肢は同じ SはQM1のソリッドの白が選べます)
◎外装まわり

・ヘッドライト  (SとXは同じ)
XとSともハロゲンヘッドライトです。

1cb8cb48a4

注文時メーカーオプションで LEDヘッドライトを選択できます。

crsm0000000000

グレードGは LEDヘッドライトを標準で装備しています。

ちなみにLEDヘッドライトはハイビーム時はハロゲンになります。LOWビームのみLEDです。
XとSのハロゲンヘッドライトに比べて暗いです。これはわたしが乗った正直な印象です。
p4

これは白っぽい色に原因がありハロゲンのフォグランプを組み合わせないと夜は暗くて危険です。
電力削減にLEDにしたのに、本末転倒な状態です。
◎内装まわり

・エアコン (表示パネル)
グレードX
オゾンセーフフルオートエアコン

UD0012953594_13_001

グレードS
オゾンセーフフルオートエアコン(デジタル表示)
UD0012953224_5_001

操作上の機能的には差はありません。
グレードSはDialで温度をあわせるので、直感的に温度をグイっと上げ下げできます。
逆にXは今風の上下とオーディオ機器とナビと一緒になっているものなので、慣れが必要です。
・エアコン (機械的な比較)

グレードX
標準仕様 空気加熱式 4kw + ヒートポンプ (摂氏5度以下では作動せず)
寒冷地仕様 空気加熱式 5kw

グレードS
空気加熱式 5kw

2014年、はじめて今年 後期グレードが冬を乗り切りましたが、寒冷地仕様の5kwのように暖かくないそうです。
前期型よりはだいぶ改善していますが、ヒートポンプでの電費向上は微々たるもののようです。
・ステアリング(ハンドル)

ハンドルヒーター

グレードG あり
グレードX あり
グレードS あり

ステアリングスイッチ

グレードG あり Xにプラスして ASCD(オートスピードコントロール装置)が加わる
4855e8009b
グレードX あり オーディオ、ハンズフリーフォン ECOモードスイッチ

GURE-DO_XNI_S168_F001_M001_3_L
グレードS なし

GUREDO_Sdeab05622c65b5cce4

・シフト

グレードG D または Bモード  (ECOモードはステアリングスイッチに移設)
グレードX D または Bモード  (ECOモードはステアリングスイッチに移設)
グレードS D または ECOモード Bモードなし
ダウンロード

*Bモードとは・・  アクセルオフで強力なエンジンブレーキのような制動がかかる。
ガソリン車でいう L1モードのようなものです。
坂道で使うことを想定しています。グレードSには装備されていませんが、
そもそも、グレードSも回生ブレーキ(電気モーター)を使うので機械式ブレーキにあまり負担をかけません
よってペーパーロックの心配もありませんが、差別化のためにBモードを新設したようです。
◎EV専用カーウイングスナビゲーションシステム

グレードXとG
標準で装備
ただしDVDビデオが見れません。ナビの性能はグレードSに搭載される
カロッツェリア製のナビのほうが優秀です。 XとGの標準装備はクラリオン製です。
UD0012953594_13_001

グレードS
なし
ディーラーオプションのEVナビを選択できます。カロッツェリア製です。
3afa7d7cb7
CARWINGSは利用できません。ただし、EVエマージェンシーコールでフリーダイヤルで
電話は可能であり電欠時のレッカー手配や電欠まぎわの充電施設を探すのを手伝ってもらえるのは可能です。
EVナビの機能で 電話のハンズフリーも可能です。
*CARWINGSは 24時間オペレータを会話でき、ナビに目的地を入力してもらったり近くの充電施設を探してもらったりできます
また、ナビとPCで連携でき PCで日産のサイトでルートガイドを作成してナビへインターネット経由で転送できます。

また、充電器の満空情報を XとGではスマートオアシスで管理されている充電器に関して取りにいけます。
(他の充電設備には未対応)
スマートオアシス(満空情報有り、チャデモチャージ対応充電器のみ)
http://smartoasis.unisys.co.jp/search.html

逆に、コレ以外で JCN やエコQ電やおでかけCardが管理している満空情報はXやGでも取得できないのが現状です
(2014年8月現在)

 
◎車両搭載のタイマー充電

グレードG 開始時刻と終了時刻を両方選べます。
グレードX 開始時刻と終了時刻を両方選べます。
グレードS 開始時刻と終了時刻のどちらか片方を選べます。

ただし、200Vのコンセント側にタイマースイッチを取り付けることによって、グレードSでも
開始時刻と終了時刻を決めて深夜電力時間だけ充電させることも可能です。
b7b3ab8a6c

200V 30Aの大電力をスイッチできるのはこれだけです。

TB461101 30%OFF!送料無料!パナソニック タイムスイッチ タイムス

◎オーディオ機器とスピーカー

グレードSとX 同じ
4スピーカー
メーカーオプション
6スピーカーを選べます。
(Aピラーに ツィーターが収まります)
◎タイヤ&ホイール

グレードSとX 同じ
ホイールダウンロード

205/55R16 91Vタイヤ
16インチフルホイールカバー
写真の一番右です。

いわゆる鉄ホイールです。
ちなみに、ヤフオク等で純正アルミホイールが安価に流れています。

ディーラーオプション
215/50R17 91Vタイヤ
17インチアルミホイール

写真中央です。

Gは アルミホイール標準装備

一番左側のホイールです。

◎オプション装備
・ソーラーセルモジュール
グレードG 標準
グレードX なし
グレードS なし

・バックビューモニター
グレードG 標準
グレードX ディーラーオプション
グレードS ディーラーオプション

・ETCユニット
グレードG 標準
グレードX ディーラーオプション
グレードS ディーラーオプション

・車両接近通報装置
グレードG 標準
グレードX メーカーオプション
グレードS メーカーオプション
・アラウンドビューモニター
グレードG メーカーオプション
グレードX メーカーオプション
グレードS なし

総評

リーフのグレードSとグレードXの最も大きな違いは
EVサポートのCARWINGSが使えるかどうかにあります。

充電施設をスマホで探したり自分で目的地設定を出来る方は、不要な装備です。
乗る前エアコンやリモートでの充電確認ふくめ、42万円の価値があるとおもった方はXを選べばよいかとおもいます。

ちなみに、ディーラーオプション20万円サービス等おこなってたりするので、
Sグレード専用ナビ(131657円)、バックビューモニター(57806円)はディーラーによっては無料でつけてもらえたりします。

これにオプションでLEDヘッドランプ(75600円)をつければ グレードSでも十分ではないでしょうか。

わたしとしては42万円で LEAF TO HOME の設置に割り当てたほうが、ずっと経済的かとおもいます。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る