トヨタ水素自動車に300万円補助金決定!燃料代はLeafと比較してお得?


fuelcell_vehicle_img04
燃料電池車購入に300万円補助…年内にも開始

税金が投入され、高額な車両を補助する意味はあるのか?実質トヨタ支援金か?
トヨタの焦りが垣間見える。その裏側をお話しましょう。

何故今頃? 700万円と高額な燃料電池 水素自動車?

燃料電池車の発表はEVへの“牽制球”であるとの見方がある

航続距離200kmにも満たない、しかも実質100km程度で使い物にならないと酷評されてきた
日産と三菱のEV。

しかし、日産の地道な努力により、現実は、日産リーフに関しては今年も徐々に売り上げが拡大、
しかも、国の補助金により、各地に充電スタンドのインフラも整備が進んでいる。

また、ノルウェーなどでは電気自動車の新車でのシェアが1/4にまで拡大
アメリカカリフォルニアのZEV車シェア規制は2018年には更に強化される

トヨタにとって想定外だったのはアメリカで想像以上にリーフが売れてる事だろう

トヨタはアメリカでは日本と違ってガソリンの値段が安い上に、充電インフラの整備が進まない
しかも、国土が広く、航続距離が日本よりも遥かに重視されるので普及しないとタカくくってた
アメリカで、扉をあけてみれば日本以上に売れるのだ。
これは相当焦ってるはずだ。

アメリカでは年々電気自動車普及の環境が整いつつあるのに対し、トヨタが700万なんて競争力ゼロも良い所だ。

高額な700万円という価格で慌てて次世代カーの本命などと銘打ってこんな
車出してきたのは明らかにトヨタの焦りだろう。

https://secure.nissan.co.jp/LEAFMONITOR/?scadid=ad000005002

ちなみに日産リーフ(電気自動車)は車体価格279万円
もし補助金300万だったらタダでもらえる計算となるぐらい、とんでもない金額ということを理解してほしい。
トヨタの水素自動車 燃料電池車への補助金がいかにトンでもない金額か分かる数字。

おそらく国も高額な補助金出のは大した台数出ないだろうという見込みがあるのだろうとおもう。

水素自動車の燃料代は?

1km当たりのガソリン代・・・ 10~16円/km (ガソリン価格160円計算)
1km当たりの水素代・・・   17~23円/km
参考web
http://is-factory.com/post-4056/

当たり前といえば当たり前の事。
水素のエネルギー比重はガソリンの 1/2
つまり、同じ運動エネルギーを得るためには倍かかるのだ。
この値段からすると、水素燃料電池自動車の燃料代はガソリンの2倍払うことになる。

でもエコなんでしょ?

いいえ

とんでもない。水素で動く燃料電池の水素というのは天然には存在しません。

水を電気分解するか、炭化水素即ち石油や天然ガスなどの化石燃料を触媒分解しないと生産出来ない。
しかも、今もっともコストが安く生産できる方法は原油から水素を取り出す方法が最も安い。

これでは、エコどころか、さらに化石燃料消費を加速させてしまう。

水素は危険?

これは、実はいいえ

save_car

左が水素の燃料自動車  右がガソリン車

水素=爆発する
水素はヒンデンブルク号のように爆発して危険
というイメージが定着しているが、ある程度空気と撹拌しないと爆発はしない
以下のように、安全なタンクにいれるといわれているが・・

実は、ガソリンは思っているより危険な物質であることを理解したほうがよいだろう。

marudasi

 

 

何故 無理に水素を使った燃料電池車を出すのか

結局、HV(ハイブリッド車)覇権が脅かされるトヨタ自動車は、日産のリーフつまり、
電気自動車潰し目的で出してきた次世代カー。

エネルギー効率考えれば電気自動車の方が圧倒的に有利。
電気自動車の唯一のディスアドバンテージは電池の容量不足での航続距離の短さのみ

電気自動車のエネルギーである、電気は水力 火力 風力 原子力(今は停止) 太陽光発電と エネルギーの元は問わない。
つまり、化石燃料を使っても使わなくても電気は作れる。これは現時点で究極のエコとなっている。

また、航続距離に関して数年後には解決する見込みがたっている。
すでにテスラ自動車等は 電池のみで300KM走れる車を市販している。
もし、そうなったとしたら、電気自動車で先行してる日産に覇権を奪われる危険性有りと判断したのだろう。

また、2020東京オリンピックに向けて燃料電池バスとEVタクシーは整備するという国の目論見もあるのだろう。

オリンピック施設間での自動運転車の実現と電線の埋設も水素燃料では普及は難しい。

つまり、世界への「先手の一歩」としての価値のみ

トヨタは、産業の競争において先駆者は圧倒的なアドバンテージを持つとしっている。
ハイブリッド車も、おそらく、10年以内に近いうちに100万円代前半で中国が製造を始める可能性もある。

同じペースで走り続けようとすればいつかは追いつかれる
でも彼らに実用に耐えうる電気自動車や水素自動車はまだ作れない

日本のものづくりを応援する国の施策とみたほうがよいだろう。

参考URL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140807-00050005-yom-bus_all

– 抜粋 —
政府は、水素で走る次世代エコカー「燃料電池車」を購入した場合、1台200万~300万円の補助金を支給する方針を固めた。

燃料電池車の一般発売に合わせ、年内にも始める。燃料電池車の普及を後押しし、関連技術などの分野で世界をリードしたい考えだ。

燃料電池車は「究極のエコカー」とも呼ばれ、トヨタ自動車が年内にも4人乗りのセダンタイプを700万円程度で
発売するほか、ホンダが2015年、日産自動車が17年の発売を目指している。

政府は、電気自動車など次世代自動車向けの補助金として、今年度300億円の予算を
確保しており、支給対象に燃料電池車を追加する。補助金の額は、クルマ本体や燃料となる水素の
価格が決まり次第、確定する。経済産業省は15年度予算の概算要求にも引き続き、次世代自動車の補助金を数百億円程度盛り込む方針だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る