リーフが値下げ 補助金53万に減額 どうなる電気自動車!


リーフに逆風か?電気自動車の補助金53万に減額された!はたして購入額に影響するのか。

009_o

詳細はこちら

まず、こちらの日経の記事をみていただきたい。

100%電気自動車「日産リーフ」の国内販売価格を改定
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/140328-01-j.html

3月28日より全グレード一律25.7万円値下げ

ほっと、一安心?いや、違います。ちょっと考えても見てください。この先どうなるか・・

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD1405I_U3A210C1000000/

リーフは補助金との兼ね合いで毎年26万円程度の値下げが強要されているようです。
それにともなって、補助金も減額となるようです。
一番美味しかったのは、2013年5月以降、補助金も78万円満額降りて、かつ本体が25万円値引きされた時に買った方でしょう。

たとえばリーフX
2013年度に補助金78万円で定価347万円。
2014年度に補助金53万円で定価329万円。
2015年度に補助金26万円で定価301万円。
2016年度に補助金なしで定価277万円。

このようになるようです。販売が伸びないリーフにこれは痛手です。
数を多く出すことで、量産効果が得られ、価格が安くなるのですが、それも出来ない中での値下げ強要は日産の経営を圧迫するかもしれません。

 

ちなみに、電気料金大幅値上げもされます。
ガソリン税に環境税が適用され、かつ消費税が8%となった今、電気自動車も他人ごとではありません。
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014032800862
東京電力430円=5.3%アップの8541円へ
消費税アップ以上の大幅な値上げとなり、電気自動車も少なからず負担が増えそうです。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る