LEAF to Homeの値段と新型EVパワーステーションの新製品 新型は補助金はうけられる?


LEAF to Homeの値段と新型EVパワーステーションの新製品について 新製品は補助金はうけられるのか?
ダウンロード (1)
巷では、ニチコンが新型のEVパワーステーションを出すか出さないかと噂になっていますが、
新型を仮に出したとして、補助金はうけられるのでしょうか。
実は、結果からいうと、補助金をもらえない可能性が高いのです。

というのも、残念なことにお国の出先機関 一般法人 次世代自動車振興センターで、認定されたPDFをみると
L2HNININNIN
http://www.cev-pc.or.jp/hojo/pdf/hojo_hosei_jougen_meigara.pdf

http://www.cev-pc.or.jp/hojo/hosei_index.html

なんと、型番指定されているんですね。
つまり、認定された機械ではないと、補助金は払わないよっといっています。

H24年補正予算の補助金 申込期限は平成25年3月19日(火)~平成26年2月28日(金)となっております。

となると、EVパワーステーションの新型が12月末に出たとしましょう。
メーカーが申請して1月にすべりこんで・・。2月にPDFに乗る。

そこから、JMさんに見積もりしてもらって・・。となると、やはり間に合いそうに無いのではないでしょうか。

images (6)

 

 

新型EVパワーステーションの噂はネットでみれば、だいたい推測がつくでしょう。

EV新型は、まだ憶測でしかありません。
コンセントモデルの改良かもしれませんし、もしかしたら30A 30A の2系統ではなく 60Aの1系統になるかもしれません。

その場合は、配線そのものが太くなる可能性もあり、工事が高くなりそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る