冬場にリーフのバッテリー容量を上げる方法(バッテリーを温める方法)


冬場のリーフはバッテリーが冷えていると容量が低下します。
なんとか温める方法はないでしょうか。
Nissan Leaf full electric car is seen at Darcars Nissan in Rockville Maryland
バッテリー暖めるには、充電を動かす直前まですればいいのです。
充電中は発熱をします、よって、タイマーをうまくつかって動かす直前まで充電をするのです。

まずは、80%充電にしておいて、出かける1時間半まえに(例えば朝起きたら)
再度パソコンから または車に行って、再度充電して100%にするのが良いです。

あと一日中バッテリー温度のメモリ5個以下になったらナンバーの下を黒のガムテープ覆う等の方法があり
Nascarのレースでも高速の時空気抵抗も減る効果があり、この方法で温度を上げることもできます。

最近朝方は気温10℃下回るようになってバッテリー温度のメモリ4個の状態が増えてきたました。
こんな状態だとと回生がメーター2個分までしかまともに機能しなくなるのがリーフの冬場。

どんなに急坂をブレーキ踏み続けてもせいぜい3個目が稀に点灯する程度
4個目なんてバッテリー殆ど使い切っててもまず点灯しないのです。
これは、バッテリー容量というか、一気に流れる電力が制限されているからです。
いかにしてバッテリー容量を上げるかは温度をあげるかにかかっています。
是非お試しあれ。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る