日産と三菱自動車がEV電気自動車の生産で提携!


日産と三菱自動車がEV電気自動車の生産で提携!
2010121700011_1

日産自動車と提携先の仏ルノー、三菱自動車は2013年11月5日、電気自動車(EV)の商品展開、技術開発で提携すると発表。

EVのプラットホーム(車台)開発を提携するほか、日産・ルノーの車両をベースとした三菱ブランドの新型車2種を発売!
日産と三菱自動車は軽自動車を共同開発してきたが、ルノーにも提携関係を発展させてさらなる強化を図る。

三菱自とルノー・日産連合が業務提携、世界戦略車など共同開発

しかしながら日産自動車と三菱自動車の広報担当者によると、資本提携の話はしていないそうだ。

三菱と日産は、軽自動車を開発する共同出資会社「NMKV」を強化 電気自動車(EV)バージョンを含め、軽自動車をベースに開発するとのことだ。

EVの開発では、日産の保有するリチウムイオン電池の技術と、三菱自の持つモーターの技術を組み合わせることも検討対象となっている。

現在、新興国市場は宝の山だが自動車会社1社のみでは荷が重すぎる。
そこで、提携がトレンドになっているのだ。
三菱とルノー・日産の提携は 欧州に強い日産ルノー、米国や中国に強い日産、アジアに強い三菱でお互い
良い所を保管し合いながら、事業強化を目指すという。
三菱自動車にとっても、winwinの関係になりそうだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る