軽自動車の増税はほぼ決定・来年4月2014年4月に施行か?リーフはどうなる


軽自動車の増税はほぼ決定・来年4月2014年4月に施行か?
欧米から「不公平」「非関税障壁」の批判が高まっているのだという。
N-Box

気になるのは、増税のやりかただ。
自動車税が最低でも2万9500円かかる それはリーフも一緒。問題はこの先
軽自動車税が最高7200円なのは不公平だとして適正化を求めまた、現在は排気量に応じて毎年支払う自動車税の課税方式を、燃費に応じて納める方式に変更するよう提言。

となると、排気量が2000CCの ガソリン 1リットルあたり20KM/H走る車と
600CCターボで 1リットルあたり12KM/H走る車では、軽自動車の600CCのほうが税金を高くするといってるのだ。
すごくおかしなことになるので、もともとあるガソリン税に転嫁すればいいではないだろうか。

取得税も自動車税も廃止
その代わり、ガソリン代が1L=千円

皆本当の意味でエコになると思うのだが・
1年後には大気汚染が解消されて日本中に青空がとか・・

まあ千円はやりすぎだが、燃費で課税するならガソリン税を増税して自動車税は廃止すればいいだけなのだ・・が?
こうなるとリーフのたいちいちが微妙だ。

なんせガソリンを使わないので、どうやって燃費をきめるのだろう
まさか電費できめるとか別枠つくるのか?それはやめてほしい・・・

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る