リーフの航続距離 (走行距離)を伸ばすには?航続可能距離の秘訣


リーフの航続距離 (走行距離)を伸ばすには?航続可能距離の秘訣
004_o

リーフの航続距離 (走行距離)を伸ばすには?航続可能距離の秘訣

やはり、リーフ(LEAF)が売れない理由は走行距離にあるとおもいますが、みなさんはどうでしょうか。
売れないのは価格や航続距離、充電インフラの不足などが上がりますが、やはり、値段は補助金入れて200万円切らないと・・

私もガソリン車と比べてしまうと・・と思います。
千葉市から又は、横浜から都内に出る、そして帰るというプランでも若干危うい走行可能距離です。私も
では、どうやって改善するのか。

ポイントは

・ECOモードを積極的に使う
・急発進急加速をしない
・できるだけ、長くブレーキペダルを踏めるようにして、回生の量をあげる
・80km/H以上出さない
・エアコンは最低限に留める
・トランクの不要な荷物は下ろす、極力軽くする

もし、急なおでかけで、充電スポット検索もままならず、距離も怪しい到達距離となったばあい、
まずは上記を心がけて下さい。

なんだか、ガソリン車と似たような事になってますが、リーフ独特なのが 80km/H以上出さないというのと長くブレーキペダルをふめるように減速をするという点でしょうか。

これを行うだけで電費は 8.0付近になるはずです。
乗り方で改善させるしかありません。技術的に大きなブレイクスルーが無い限り乗用車に詰めるのは24KWの
リチウムイオン電池がMAXでしょう。充電時間等をふくめて、

そうなると、少ない電力でどれだけパワーを取り出せるかという点になってきます。
今私達ができることは、これぐらいなのです。

次はそろそろ迎えるリーフで冬の迎え方を書きます。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る